スーツをクリーニングに出す頻度、保管などの疑問を解決

スーツを出す頻度ってどの位が良いのか迷いますよね!またスーツをクリーニングに出した後どうやって保管すれば良いのか?等今回はその様な疑問について記載していきたいと思います。

スーツをクリーニングに出す頻度

まず頻度ですが、一般的にはワンシーズンに1回程度と言われています。理由はクリーニングに出し過ぎるとスーツが傷むからなのですが、ワンシーズンに1回というのは少なすぎるのでは?というのが私の意見です。パーティー用等の普段あまり着ないスーツであればワンシーズンに1回で充分ですが、普段着るスーツの場合、汚れや匂いに応じて臨機応変にクリーニングに出す方が良いと思います。例えば夏等は汗や油がスーツに付着しやすいです。なので10~15回着れば1回クリーニングに出す程度が良いと思います。確かにクリーニングに出せば傷みますが、着ている時のダメージの方が大きいんです。しかし冬場などは夏に比べ傷みにくいのでワンシーズンに1回で良いと思います。この様にスーツのクリーニング頻度は臨機応変に対応する事が望ましいと思います。只上記で述べた様に10回着て1回クリーニングに出していては費用がかかり大変ですよね!なので日々のメンテナンスが重要になってきます。

スーツの保管やメンテナンス

なんでもそうですが日々メンテナンスする事で状態よく長持ちします。しかしスーツのメンテナンスってどうするのか解らないですよね?なのでスーツの保管方法メンテナンス方法をまとめてみました。

基本

スーツは1日着たら2日休ませる!これが基本です。スーツの生地には、ウール(羊毛)が多く使われており、復元力に大変優れた素材です。なので休ませる事によってスーツがもつ復元力が活かされ元の状態に近づきます。よって着用し2日は休ませるよう心掛けましょう。また着た後、肩幅にあった厚いハンガーに掛け、上から下へブラッシングしホコリを落とす事も重要です。ハンガーは肩幅にあった厚いものを使う事で型崩れが無くなります。

匂いがついたら

匂いがついたら、スチームアイロンでアイロンをかけると匂いは消えるみたいです。これは知らなかったのですが、匂いが付いたらファブリーズをかけるよりもスチームアイロンをかける方が生地に優しく良いみたいです。

シワがついたら

湿気を与え→陰干し!シワがついたら浴室で熱いシャワーを3分間出し続け、蒸気で満たします。蒸気で溢れた浴室にスーツをハンガーにかけ吊るしておく事でシワが取れます。またしわ取りスプレーなども市販で売っているので良いと思います。若しくは霧吹きで水をかけた後陰干しです。要するに湿気を与えた後、陰干しといった流れでシワを取りましょう。

陰干しとは日光に直接あてない干し方です。日光に直接当てると生地が傷みやすく、服が日に焼けてしまいます。なのでスーツは基本陰干しが良いのです。

保管方法

クリーニングに出した後の保管方法ですが、多くの方はクリーニング後のカバーを外さずに保管しているのではないでしょうか?これは湿気が溜まりすぎてしまいカビ等が付きやすくなってしまいます。なのでクリーニング後はカバーから外し、厚みのあるハンガーにかけ、防虫剤入りの部屋に保管しましょう。またプラズマクラスターを保管場所に置く事も良いでしょう。最近クリーニング業者は保管パックといったサービスを始めていますが、衣類を保管する倉庫にはプラズマクラスターを設置している所が多いです。この事からも保管場所にプラズマクラスターは良いと言えます。

最後に

スーツを長持ちさせたり、良い状態を維持する事は大変ですね!只日々スーツをメンテナンスをする事で仕事が充実するのではないでしょうか?ヨレヨレのスーツより毎日ピシッとしたスーツの方が気持ちも良いし、仕事ができる様に見られる為人生においてお得ですよね。人は見た眼で相手の印象や性格まで決めてしまうそうです。なので少しの時間で良いので日々スーツのメンテナンスに時間をかけてみてはどうでしょうか?野球選手のグローブと一緒でサラリーマンにとってはスーツは仕事道具です!日々のメンテナンスを行い、毎日ピシッとしたスーツで仕事を行うと人生変わるかも知れませんよ!